多摩で霊園の選び方のポイントについて

昨今、高齢化が急激に進んでいることもあって霊園選びの重要性が増しています。東京の多摩地区はその周辺に人口の多い町が広がっているのが特徴です。 まず霊園を選ぶ際に押さえておく必要があるのが宗旨と宗派です。ただし、宗教不問という場合もあります。仏教以外の宗教を受け入れているところもあります。故人の意思を尊重することが大切です。 立地も重要なポイントになります。場所によって御墓参りのしやすさが変わってきます。家族の中に高齢の方がいらっしゃる場合は特に立地が重要となります。今は大丈夫でも幅広い年齢の方がお墓参りをすることを想定しておきましょう。どういった交通機関で訪れることができるのかについても詳しく調べておく必要があります。お盆やお彼岸は混雑する中でのアクセスになることも踏まえておくことが大切です。

費用についてもチェックが必要です

費用も重要なポイントの1つです。お墓は基本的に管理費がかかり続けるものなので、その場でのお金の状況だけでなく慎重な選択が必要となります。管理費の他には永代使用料、暮石費用がかかります。 支払い方についても決めておきましょう。周囲の環境も墓地選びに影響を及ぼすことがあります。やはり自然に囲まれた墓地が多く、風通しが良ければお墓が傷みにくいという利点もあります。墓地の施設にもそれぞれ違いがあります。駐車場や休憩場、送迎バスなどといったあると便利な施設の有無を調べておくと安心です。多摩地区の場合、周りの関東の地域から公共交通機関で訪れる方が多いですが、立地次第では駐車場があれば便利ということもあります。また、バリアフリーになっているかもチェックポイントです。

忘れてはいけない管理状況と管理費の関係

霊園選びにおいて忘れてはならないのがどの程度管理が行き届いているかということです。お墓は管理にそれ相応の時間や人手が必要となります。 基本的には管理の状況と管理費はある程度リンクしています。比較的よくお墓参りするという方でも数ヶ月はお墓を訪れないことになるので、しっかりと管理してもらえるかは重要なポイントです。仕事や立地の都合で長い期間訪れられないということも考えられます。 管理事務所がない墓地の場合は価格が安い代わりに、あまり管理に人手をかけていない可能性があります。管理については清掃状況や植え込みなどをチェックすれば、判断がつきます。管理が行き届いていればそれで良いということではありませんが、費用と管理の状況が噛み合っているかが重要と言えます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加