東京都多摩市の霊園で一周忌を行う

東京都内からアクセスも良好な場所で、かつ広大な敷地を持つ霊園も多い多摩地区は墓地として便利なスポットだといえるでしょう。その一方で、これから一周忌を行うにあたり、多くの場所からご親族、あるいは知り合いの方を呼ぶにあたってその場所が不便であったりすることもあります。 「もうちょっと便利な場所で集まれないだろうか?」。そのような要望をされる方も決して少なくありません。実は多摩を墓地を選ばれた場合、こういった問題について大きなメリットがあります。それは「一周忌の会場を様々な場所から選べる」という事です。 「お墓のある場所で開催しなければいけないのではないか?」と思われる方が少なくない一周忌ですが、実は思ったよりも使用できる場所は多く存在します。

ホールがない場合、どこで行うか?

基本的にそのお墓のある場所で一周忌を行う場合、会場(ホール)が必要となります。しかし全ての場所において会場が存在しているというわけではありません。そのような施設がない場合、別の場所を利用する必要があります。 「法事のためのお斎(おとき)に使用する場所を相談したい」と伝えた場合、多くの場合ですと使用可能な場所を教えてもらうことができます。基本的に同じような状況の方が多いため、提携先のお店が存在するケースが多く存在します。むろん、直接自分自身で会場を探すことも可能です。 また、お斎の場所が必ずしも墓地に近い場所とは限りません。霊園側が依頼者(遺族)、あるいは参列者の方々の希望に応じ、それぞれ集まりやすい場所があった場合、その場所を手配してくれるケースも存在します。

墓地から離れた場所で一周忌を行うことはできる?

前述のとおり、会場はお墓がある場所に限られません。いくつかの斎場を所有または提携している場合、関連する施設の手配を代行してくれるサービスは多く存在します。また、それらとは関係なく、僧侶を招いて法事を行うという方法もあります。この場合、ホテル等を会場として利用するという方法です。 以前はホテルの場合、法事は香を焚くため、その匂いが原因で利用を断られるケースも多かったのですが、最近は利用を認めるケースが増えています。 ホテルを会場として利用するメリットは交通アクセスの利便性です。霊園の多くは駅から離れた場所にあることも多く、とりわけ高齢者とって参列が負担となる事が多いのですが、ホテルですと立地条件に加え、休憩スペースも充実しているため、参加の負担が減るというメリットがあります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加